催眠出産・マタニティセラピー

当療法室の催眠出産に対しての基本的な考え方

「催眠」が、出産に用いられるようになって、しばらくが経ちました。

英国王室を始め、海外の芸能人たちも「催眠出産」の体験を話しているのをよく目にします。

「催眠」(自己催眠状態)を出産時に用いると、何がメリットなのかと申しますと、催眠状態、というのは、深くリラックスし、潜在能力を最大限に発揮できる状態です

深いリラックス=自律神経系が整い、身体の自然な能力に任せた、安全かつ自然で、苦痛のない出産を引き寄せる状態、です

深いリラックス状態=「(自己)催眠状態」の体感・感覚を覚え、妊娠中、出産時、などに必要に応じて「入っていただく(入催眠)」ことは、神経が整い、ホルモンの自然な流出を呼び、お腹の赤ちゃんの穏やかな発育や神経を整え、産後の回復、赤ちゃんの一生に至るまでの影響を及ぼすと言われております。

「催眠出産のイメージ」といわゆる「イメージ法」との大きな違いは、リラックス深度が違うことにあります

=エゴや情報の悪影響が限りなく少ない、元々人に基本的に備わった純粋性を最大限引き出す事が出来る、イメージの埋め込みが限りなく自然

なのです。

安全で快適な出産を叶えるためには、「最高のリラックス」状態を、体で覚えてもらうこと、が鍵になると信じております!​

当療法の出産に対するアプローチは、

①基本カウンセリング(現在の生活状態や夫婦関係などをお聞きし、不快な症状や不安感がある場合、対処を考えていきます。)

まず↑こちら↑で、ご相談や、状態を把握し、個人の状態に合わせた基本的な計画を立てます。

その後、

催眠基礎①【深い催眠状態】の体感を覚えていただくこと(入催眠と希望の催眠オプションメニューの体験)

医学基礎②子宮の知識、出産時の体がどうなるか学んでいただくこと

心理基礎③【言葉が心を作り、出産環境や体の状態を引き寄せる】ということを知る

この【3つの基本】を シンプル に学んでいただき、

催眠オプション(以下”OP”)①子供との未来を楽しむ「未来世イメージ」

催眠OP②お腹の子供と会話し、子供の話を聞く「胎話法」応用の使い方

催眠OP③安全で快適で順調な「最高の出産イメージ」未来世療法

催眠OP④旅行や楽園に行ったイメージで心身をリラックス・気分転換する

「楽園法」催眠&「守護霊との会話催眠」

催眠OP⑤不快な身体症状のための「ペインコントロール」

以上の【催眠オプション】を、必要なだけ、必要に応じて、楽しんでもらうという形を取ります。(個別発注&何回でも利用可)

 

どうぞ、楽しく快適で、感動に溢れた出産のために、ご利用ください!

★料金★

基本カウンセリング ~3時間まで ¥5000(税込)

催眠基礎 2時間ほど ¥10000(税込)

医学基礎・心理基礎 各1.5~2時間 各¥5000(税込)

催眠オプション 各2時間ほど 

②&⑤ ¥5000(税込)※「出産駆け込み寺」メニューと内容は同じ

その他 ¥10000(税込)

↓ 必ずお読みください ↓

★注意事項★

※全て個別受講・個別催眠となります。カップルでの受講をおすすめしますが、ご本人様のみでももちろん可能です。

【3つの基本】はなるべくすべて受講をおすすめしますが、「子宮の知識はある」、など、個人的に不必要だなと思った場合は、受講の必要はありません。 

※基本的に「クライアントさんが必要だと思ったものを必要なだけ発注してもらう」ことを前提にしております。

※OPは基本、個別発注。何度でもご利用可。

※催眠メニューは基本、カウンセリングを含め2時間ほど。

※基本カウンセリングの際に、不安感が強い、と判断された場合は、インナーチャイルド療法などをおすすめすることもありますが、その際も、「ご自分で催眠を受けることを」決めてください。

また「胎話法」などで、赤ちゃんの許可が出た場合にのみ行います

※出張可(往復の交通費をご負担ください。)

※全ての催眠セッション後の体調には当療法室は責任を持ちません。必ず自己責任の上での発注・催眠をお願いいたします。