「身体」についての

​当療法室の基本的な

考え方

「記憶」から「心・考え方」が生じ、行動につながる。​

行動が身体を作っていく。

「心」や「感情」が「身体」を作っていき、

心や感情の癖を作るその大元になるのが記憶、

という感じに当療法室では考えております。

記憶 → 心・感情 → 行動 → 身体

つまり、我が療法室では

「病は気から」

というのが、基本的な考え方です。

具体的に申しますと、食事の内容が悪くて内臓疾患になりました、食事です、

という場合も、

その「内容の悪い食事を引き寄せた心・考え方」

にアクセスすることが、根本的改善につながるという考え方をしているということです。

外科的なもの、内科的なもの、皮膚科的なもの、・・

その全ては心であり記憶である、

ということです。

ですから、「記憶」にアクセスし、「心・考え方」を解放することが、病気などの身体的悩みを改善していく第一歩、と考えます。

当療法室では、ルイーズ・ヘイやリズ・ブルボーなどの著書の概念を元に、心と身体の関係を考えながら、健康増進・病の改善などを進めていきます。

病気や症状に有効な手段はたくさんあり、

どのアプローチが早く健康を引き寄せるかは、

ざっくりといい切れるものではありません。

ケースバイケースです。

ただ私の経験上言えることは、

「心の奥底では、何をすべきか分かっている」

「魂が全て知っている」

ということです。

優先すべき「アプローチ」を選ぶのも、催眠で行えます。

まさに「心の奥底では、何をすべきか分かっている」

ということですが、

当療法室では、私自身が体験し、効果を感じてきた方法や、学んだ知識(アーユルヴェーダ的、漢方的、エネルギーヒーリング的、占星術的、運命学的考え方)により、簡単に体の基礎を捉え、アドヴァイスをさせて頂くこともあります。

ソマティック・ヒーリングや、インナードクター法、

前世療法、年齢退行療法などを使い、

クライアントさん自身の「魂」の求める優先順位に沿って、徐々に改善を図っていきます。